イレズミ・タトゥー治療の現状

レーザー、切除、植皮、削皮など、様々な方法で刺青除去は試みられて来ました。近年レーザー性能の向上によりレーザー治療の割合が高くなってきました。しかし、レーザーの機能が向上したから良好な治療結果が得られているかというとそうともいえない現実があります。それにはいくつか理由が考えられます。

 1)レーザーの技術革新がやや過大に喧伝されている

2)レーザー刺青除去は皮膚に対する総合治療にもかかわらず治療サイドの認識が不十分である

3)ぼかすステップが実は重要である点が軽視されている

4)色素沈着、色素脱失、肥厚性瘢痕、ケロイドなどの個別に対応しながら除去する技術が求められる

5)高額治療の場合の治療サイドの柔軟な受け入れが要求される 6)患者様の長期間に渡る忍耐力が要求される

といったことでしょうか。 当院では上述以外にもあらゆる面を熟慮し、多くの好結果を出して来ていると自負しています。 その他の方法、植皮や切除を選択せざるを得ない場合でも多くの技術革新によってより良い治療結果を更新し続けています。 治療費が大きなネックとなる場合が大半ですが、当院の場合一定期間を超えた患者様の場合は治療費を御負担頂いておりません。

名古屋タワーサイドクリニックとしての2017年時点での考察です。

Aesthetic Laser Rental Image

 

 NAGOYATSC 症例 1349.jpg  NAGOYATSC 症例 240.jpg
▲このページのトップに戻る