内服・外用治療

タトゥーレーザー治療に内服・外用治療を併用することによって、色素沈着の改善や、タトゥーの色味が薄くなるのを助けてくれます。早く綺麗に消したい方は併用をおすすめしています。

 

内服

 トラネキサム酸・・・¥2,000   
 tr.JPG  トラネキサム酸という抗出血作用があるお薬で、本来は止血剤として処方される内服薬です。メラノサイト活性因子であるプラスミンをブロックし、メラノサイトに活性のシグナルが届かないようにする作用があります。この働きによって、しみを作る元からブロックします。

 シナール・・・¥4,000  
 cn.JPG  紫外線等が肌に当たるとメラニンを作り出しますが、これは肌を守るための働きです。ところがメラニンが過剰に作られたり、肌を守るという役目が終わった後もその働きが続いているとシミの原因になります。そんなメラニン生成を抑えて予防する働きと、すでにできてしまったしみ(メラニン)も薄くしていく働きがあります。
ビタミンはごくわずかの量で各栄養素の体内での働きを円滑にしたり、身体の機能を調節したりしますが、多量に投与してビタミンの薬理作用を利用しようという試みが最近は盛んです。特にビタミンCはその効果が次々に解明されていますが、多量に補給しても代謝・排泄が早いので過剰反応は起こしにくく、摂取量の上限はありません。ビタミンCの1日の所要量は100mgとされていますが、美容上くすみやシミ・そばかすの軽快、ニキビ・脂漏、肌の乾燥・荒れ、しわ・たるみなどの様々な肌症状の改善にはその約10〜100倍の摂取が必要とされています。

外用

 

プラス リストアナノHQクリーム 30g/10g・・¥8,000/¥3,000

aaa.png   ナノHQクリームは、内包成分※1の力を最大限に引き出すSSDナノカプセル※2により、定性を保ちながら効かせたい場所で成分が最高濃度に。
あくまでも肌への優しさを第一に考え、ハイドロキノン*1配合化粧品では難しかった低刺激かつサラッとした使用感を実現しました。
注目の成分「フラーレン*3」を配合し、さらにバージョンアップ。


 ルミキシル・・¥15,000 
   ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです(医療機関専売品)。Lumixylペプチドは天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。
臨床試験では、美白剤として医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性※を持つことが確認されています。(チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)
ルミキシルはメラニン生成を均一に抑えるため、部分的に白く色抜けすることなく、加齢や紫外線によるシミ・肝斑・くすみ・色素沈着・にきび跡を改善します。
ハイドロキノンなどの化学物質はアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方は使用できないというデメリットがありましたが、ルミキシルは完全に非毒・非刺激性のため、肌へダメージを与えることなく、敏感肌の方でも安心して長期間お使いいただけます。塗布後も皮膚のバリア機能を損なわないため、日光による肌ダメージを抑えることができます。ルミキシルは「強力な美白力」と「肌への優しさ」を兼ね備えた、これまでにない次世代型美白コスメです。
チロシナーゼを50%阻害するための濃度を比較したところ、ルミキシルは40μM(マイクロモル濃度)であるのに対して、ハイドロキノンは680μM。つまり、ハイドロキノンがルミキシルと同等の効果を出すには、濃度を17倍にする必要があるということになります。

※価格はすべて税抜表示となっています。

▲このページのトップに戻る