分層植皮

 

切除法では対処できない広範なもので、且つ期限がタイトな場合に選択されます。

 植皮にも様々な方法がありますが、中でも角層移植という方法は、色素の入った皮膚を切除し、その皮膚を特殊な処理によって表面の0.1mm程度を剥がし(ここにはタトゥー色素が入っていません)切除した部分に再度戻す方法です。

手間のかかる方法ですが、色素の入っていない健常部分の皮膚から移植皮膚を採皮してくる必要がないため、新たな創部が増えないメリットがあります。



分層植皮とは
全層(表皮+真皮)に対しての分層(表皮+真皮の上層)です。
タトゥー部分とは別に採皮部(健常部分)から分層で皮膚を採取して除去したタトゥー部分に植皮したり(一般的な分層植皮)、タトゥー部分の色素に染まっていない表皮を生かして、この色素のない表皮を除去したタトゥー部分に植皮すること(酵素処理による表皮移植)です。

分層植皮の適応
体幹部、四肢などの広範なイレズミで、複数回の切縫を繰り返して除去する時間的余裕がない場合に適応になります。

分層植皮(表皮移植)のメリット
皮膚の厚さは約1〜3mmあり表皮層はそのうちの上部1mm以下です。真皮層に入れ墨染料が入っても貪食細胞によって除去されるので刺青に染まるのは表皮下層から真皮上層だけです。分層植皮法は真皮層で機械的に皮膚を剥がした後、酵素によって剥がした皮膚を表皮と真皮上層に分離し、刺青染料が残っている真皮上層を捨て、刺青染料が入っていない表皮層だけをを再び移植する方法です。全層植皮に比べると皮膚の質感はよくありませんが、なんといっても正常な皮膚にメスをいれることなく除去するはずの皮膚のみでことが足りてしまう点は大きなメリットです。

具体的方法
局所麻酔下に採皮器(デルマトーム)を用いて、皮膚をスライスして採皮します。広範な場合は硬膜外麻酔下に採皮します。採皮した皮膚を無菌状態(清潔状態)でメタロプロテアーゼというタンパク分解酵素に満たします。細胞外マトリックス(ECM)は、繊維性タンパク質(コラーゲン、エラスチン等)や、細胞接着性タンパク質(グリコサミノグリカン、プロテオグリカン、フィブロネクチン、ラミニン等)からなりますので、至適温度で一定時間作用させると酵素反応により表皮と真皮上層に分離されます。この色素の抜けた表皮のみをイレズミ部分に戻すわけです。その上からシリコンガーゼを湿潤状態にしてタイオーバー法にて圧迫固定します。

採皮器の使い方などはかなり熟達を要しますし、ぺらぺらになった表皮部分の植皮など結構神経を使う手術です。そのうえ移植部の性状などを考えると複数回の切縫を繰り返して除去したほうがQOL自体は良好です。

NAGOYATSC 症例 1700(300-400回転).jpg

 

 

 

<植皮によるタトゥー除去の症例写真>

 syokuhi_img01.jpg

 


 

syokuhi_img03.jpg

 

 


 

qyag_img30-11.jpgqyag_img30-25.jpg

こちらの症例は、前腕を植皮、上腕をレーザーで除去したものです。



 

 

▲このページのトップに戻る